こんばんは。建築士ほうたです。

とても、とても悲しく卑劣な事件が起きました。ニュースでも大きく取り上げられている京都アニメーションの放火事件です。京アニで働いている方がたくさん亡くなられて、負傷されている方もたくさんいる様です。すごく悲しいです。放火した犯人の言葉で小説を盗んだという言葉が有りましたが、もし仮に盗んでいたとしても放火していい理由にはならないし、そもそも本当に盗んだかどうかもわからない。

京アニは日本の宝とも言えるアニメーション業界の大手でとても優秀な技術を持った人達が集まる会社だと聞いています。僕も京アニが作るアニメ作品を何本も見ていますし、作画にもすごく力が入っていて京アニにしか出せない様な個性的なキャラが魅力的です。そんな優秀な人財と過去から現在に到るまでの作品を卑劣な方法で亡き者にしたことは決して許されることではない。一刻も早く犯人は罰を受けるべきだ。残された遺族を思うと本当に心が痛い。

今回京都アニメーションの建物は3階建ての事務所ビルだと思われます。収容人数が50人以上はいると予想され、こちらの建物は防火対象物だと思われます。その場合は避難器具が必要になります。簡単な平面図を拝見しましたが、建物の中心近くに螺旋階段がある様です。こういった垂直方向に空間が広がっている場合は火事が起きた場合に燃え広がりやすい形です。その場合、建物の構造によって竪穴区画というものをしないといけません。竪穴区画とは垂直方向の空間に対してそれ以上燃え広がらない様に防火シャッター等で区画することです。ですが、主要構造部が準耐火構造としていない準耐火建築物の場合竪穴区画をしなくても別段構わないということがあります。

専門的な部分ですね。建物上燃え広がりやすい要素はあったということになりますが、ガソリンを巻いて火をつけられたら正直、有効な措置を取っていても被害が大きくなる可能性は高いですよね。

とても悲しい事件が起きましたが、また京アニの作品がアニメ業界を盛り上げてくれることを信じています。今はまだこんなこと言うべき時ではなたく、勝手なことを言っていますがそうであってほしいと心から祈っています。