ブログのランキングを確認する。

リフォーム・建築ランキング

こんばんは。建築士ほうたです。
今日も住宅のマネーについて書いていきます。ズバリ老後についてです。会社を定年退職した後も住宅ローンを払い続けなければならないと、とてもしんどいですよね。老後はのんびり過ごしたいと思うなら、マイホームを買う時にしっかりと老後を見据えてローンを組みましょう。理想は定年と共に完済が一つの目安です。65歳までローンを組んでも60歳で繰り上げて返済出来ればベストです。

60歳を超えて再雇用で働いたとしても今まで貰えていた給料よりもガクッと下がていると思います。その状態でローンの返済をしていくと、老後に貧乏な状態になる可能性が有ります。というか、結構厳しいですよね。さらにもし70歳までローンを組んでいたなら年金のみでローンの返済をする形になります。ローンは返済出来ても生活が苦しすぎ・・・。ということになりかねません。月々の返済も大切ですがいつローンが終わるかも考慮しましょう。
ですが、そうは言っても60歳でローンを完済するというのは収入によっては難しいですよね。月々の返済が大きくなると老後ではなく働いている間貧乏になってしまいます。現実は厳しい・・・。


新築価格の半額で購入できる中古マンションリノベーション【グローバルベイス】

ですが、策がないわけでも有りません。住宅ローンを組む際に金利と借りる期間をそれぞれ違うように設定して2通りに分けてローンを組む方法も有ります。例えば3500万円の家を購入する時、300万円は頭金として支払い、残り3200万はローンを組む時に2000万円を30年の全期間固定金利で組み、もう一つ残りの1200万のローンを10年の固定金利で20年で返済する様に組み、先に1200万円の方を完済してしまえば全期間で金利変動のない固定金利のローンだけが残り老後の返済がラクになります。まあ、その分20年間は住宅ローンの返済におわれることになりますが、2本に分けて組むのも一つの手でしょう。ミックス返済と呼ぶので覚えておいてください。


仲介手数料無料!あなたのリノベーションをプロデュースします【リノデュース】

僕の考えは新築でマイホームを購入できれば良いとは思いますが、無理をして買うくらいなら中古で良い物件を探してリフォームで手を加えて極力少ない資金でマイホームを購入したいと考えています。物件選びには骨が折れそうですが、老後ゆっくりしたいので頑張って極力良い物件を探したいと思います。