ブログのランキングを確認する。

リフォーム・建築ランキング

こんばんは。ほうたです。

今日は住宅ローンについて少し触れていきたいと思います。
よく戸建てやマンションの新築物件についてのチラシが広告などに掲載されていますよね。チラシの中に「頭金0で購入した場合」という様な文言の後に月々の返済がいくらですよ。ということが書かれています。あれ実は結構危険だったりするんですよね。頭金0で全額ローンOKの銀行が増えていますが、しっかり考えないと売りたくても売れない状況になることも有ります。


24時間365日の安心を【ALSOKホームセキュリティ】

「逆ざや」という言葉をご存知ですか?投資をされる方は知っていると思いますが、不動産の場合は全額フルローンを組むとローンの残りの金額が新築物件の時価を上回る状態が長く続きます。特に住宅やマンションの場合は買った直後に価値としては2割下がります。例えば仕事を転職して収入が減り家を売ろうと思ってもこの逆ざや状態の場合、家を売っても返済額が残ってしまい差額の返済をしなければいけません。

なのでチラシや営業マンの上手い言葉に乗せられてフルローンで住宅ローンを組むと万が一生活が苦しくなる状況に陥っても家が売る事が難しい場合も有ります。基本は逆ざや状態にならない様に頭金を貯蓄してマイホームを検討していきましょう。


新築価格の半額で購入できる中古マンションリノベーション【グローバルベイス】

あと、ローンを組むときに年収の何%なら返済出来るかというシュミレーションが有るかと思いますが、額面年収ではなくちゃんと手取りで考えましょう。よく額面年収の25 %以内なら返済可能という考えが有りますが、手取りベースで考えると30%以上の割合になってしまいます。月々の返済が給料の3割持って行かれたらかなりキツくないですか?僕はとてもキツイです!ちゃんと手取りベース返済計画を立てましょう。
今日のおさらいをすると、新築物件は購入直後2割価値が下がるので「逆ざや」状態の期間を少しでも短くする様に頭金は必ず用意しようという事と、額面年収ベースではなく手取りベースで月々の返済計画を立てましょう。という事です。