つっぱり壁面収納引き出し付きデスク 幅180・高さ236~249cm【チェスト付き】 678224(サイズはありません ア:ダークブラウン)



こんばんは。建築士のほうたです。

今回は「新築時に子供部屋を大きな空間で作って、子供が大きくなったら将来的に間仕切りをする。」
というカタチで子供部屋を作った方はたくさんいると思います。
現に、「子供が大きくなったので間仕切りを考えています。」という案件も多く有ります。
そこでどんな間仕切る方法が有るのかご紹介していきましょう。

間仕切り壁を立てる。
この方法が一番真っ先に思いつくかもしれません。新築時に「将来的に間仕切るかも?」と伝えていれば間仕切り壁が立て易い様、その場所に下地を入れている可能性が高いです。
工事自体もそこまで大きな金額になりませんし、思春期のお子様のプライベートを守るには1番の対策方法です。
ここでデメリットを一つ。壁を立ててしまうと将来的にお子様が家を出てしまい、実家ではなく別の場所に住みだすと間仕切り壁を立てて狭くしたスペースの使用方法が限られてしまいます。
もちろん実家へ帰省することも有ると思うので全く無駄では無いのですが用途が限られてしまいます。

更に年数が経つとお子様が結婚して子供が生まれると、今度は帰省時に大きなスペースが欲しくなりますよね。間仕切った後のスペースが6畳程度有ればなんとか寝れなくも無いですが手狭にはなります。

思春期のプライベートや受験勉強を集中する為に壁を立てることは良いことだと思いますが、その後のライフスタイルの変化に対応しにくい部分が有ります。立てた壁を壊すとなると床も傷めてしまうので安易に壁を立てるとかえって費用がかさむ恐れも有ります。

思春期のプライベート確保か、その後のライフプランを優先するか。よく考えてから結論を出しましょう。

建具・カーテンで仕切る。
こちらの方法はプライベート空間が確保されません。壁を立てるより音とか普通に漏れますしね。
受験勉強中に隣の部屋がうるさい!とかでケンカになりそうですね。ですが、その年代を過ぎて子供が巣立っていくと、カーテンや建具を外すだけで新築時の大きな空間に早変わりですね。建具で仕切る場合は建具の下にレールが有るタイプではなくて上吊りというタイプを選ぶと下にレールが必要ないので、大きな空間として使用する際には良いと思います。
例えばレールが有ってそこに布団が敷けないとか、家具が置けないとかそういった小さな障害が発生する恐れが有ります。

工事自体は建具やカーテンが必要な分費用がかさみますが、後は工事が必要なく扉やカーテンは簡単に外せるので工事の必要が有りません。
プライベート確保の面では心配ですがお子様と相談してみてどちらが良いか検討が必要ですね。



壁面収納家具の通販なら!累計出荷台数2万台以上の実績【収納小町】

結論、壁を立てると数年のプラベートが必要な空間を手に入れることができるが、その後の用途が限られる。建具やカーテンで仕切るとプライベート空間としての意味をなさないが、その後のライフプランに沿ったスペースにすることが出来る。
こんな感じでしょうか?どちらにせよ相談や話し合いが必要ですね。

僕の子供が思春期になったらおそらく壁で仕切る方を選ぶと思います。だって、自分のプラベート空間欲しいもん( ´罒`*)✧

ブログのランキング確認する。

リフォーム・建築ランキング