こんばんは。
前にも書きましたが今回はパート2です。
まずは私のことを少し書いていきます。まず年齢は今年33才で、転職は4回しています。
この根性無しがヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!って思う方もいると思います。実際根性が有るか無いかって
言われると、有るのかな?って思います。
まあ根性論はひとまず置いておいて新卒で入ったリフォーム会社のことは前回書いたので省略して、次に入った会社は住宅会社で分譲地や
土地を会社で仕入れて家と土地を売る分譲と注文住宅をどっちも受けてくる会社でした。

会社全体で10人程度でまさに小企業。更に家族経営で70代のお婆ちゃんが会社の社長でした。
社長には娘がいて娘が常務というポジションでした。そろそろ社長も世代交代で娘を社長に
任命して会社の経営を任せていましたが、いわゆる2世というやつで娘には経営者のノウハウ
が無く動きの悪い娘に厳しめの指導?いや親子ゲンカかな?をする日々でした。
いよいよ自分の娘の出来なさに見切りをつけたのか母親が社長に戻るべく色々と活動を始めました。
母親は社長退任時に退職金を貰っている為、社長復帰は税法上難しい様でした。
(この辺りはすみません。よく分かっていません)
娘の方も簡単に実権を渡すわけにはいかず、母親派と娘派という派閥争いが始まりました。
10人しかいないのにwww母親派は主に老人チーム。取り巻きの様にくっついていく金魚のフン。
母親をヨイショして給料アップとか企んでいましたよ。
一方、娘派はこれからの会社のことを考えて40代とまだ若い娘をバックアップしていこうと
いう考えの人達でした。実際、まともなのは娘派の人達だと思っています。70代のお婆ちゃんを支持するということは今後を考えると難しいと思います。
親子ゲンカの中に弁護士を交えたりとかなり拗れた親子ゲンカでした(; ̄Д ̄)
かなりキツイ言い合いをするシーンも有り会社の雰囲気は最悪でした。
結局母親は大株主ということも有り娘派をどんどん追い詰めていき娘派の人達全員を辞職に
追い込みました。代わりに母親派の一人が社長に就任するという形で幕を降ろしました。
娘の最後の悪あがきで会社のお金のほとんどを持ち逃げしたらしいのですが、母親は訴えることはしなかった様です。

以上が家族経営の会社に就職した私の経験談でした。
ちなみに私はどちら派にも属さず家の設計から施工管理まで一人で何棟も手掛けていて会社の
ゴタゴタに関わっている暇が有りません
でした。
一人で確認申請図面を作成して工事引き渡しまでやっていたので正直かなりハードワークでした。帰るのは深夜で25才の時に初めて確認申請を自分で出した案件は朝の5時まで申請図面を書いていました(´・ω・`)
もちろん残業代なんて有りませんでしたよwwボーナスは辛うじて有りましたが、年収ベースで
見ると300万程度でした( ̄▽ ̄;)!!ガーン 
かなりキツイ仕事の上に給料が安くオマケに会社内のゴタゴタに付き合いきれず
退職しました。
モチベーションを保つのにかなり苦労した覚えが有ります。
もしこれから建築業界で働く予定の方はこういう会社も有るんだよということを知って頂きたいです。出来るなら家族経営の会社は家族の人間で構成されているので上のポジションには行きづらいですし、こういう揉め事は多いと思います。中には家族経営でもしっかりやられている会社もたくさん有ると思うので見究めは重要です。面接時に親子喧嘩とかしてたらあまりオススメ出来ませんw私の会社がそうでしたww

ネガティブなことばかり書きましたが会社選びは大切なので、私の様に不用な苦労をしない様にして下さい!!では本日はこの辺で。