こんばんは。  
今回は浴室をリフォームする際の基本知識に    ついて書いていこうかと思います。
まずはどんなことをするのかあげてみます♪

①既存の浴室状況を知る。
 今の浴室は在来工法で造られていますか?そ
   れともユニットバスでしょうか?
   在来工法というのは壁や床がタイルで出来た  
   昔の浴室をイメージして頂けると分かり易い
   です。
 ユニットバスというのは天井や壁がパネルで
   造られた浴室です。

②既存浴室の問題を知る。
 お風呂の床は寒い時期になるととても冷たく
   なる、窓から冷気が入ってきて寒い、脱衣所    
   と段差が有る等、使用時の問題や不満を見つ
   けることはとても重要です。
   どんな浴室にしたいかどんな問題を解消した
   いかを明確にし新しい浴室を選ぶ時の基準に
   しましょう。

③最新情報を知る。
 各住宅設備機器メーカーもモデルチェンジを
   繰り返してどのメーカーを比べても仕様に大    
   差ない状況です。
   ですが各メーカーにも特徴が有り、その特徴
   の好みは浴室選びの基準になります。
   例えば、パナソニック社の浴室は
 「酸素美泡湯」という機能をオプションで選
   ぶことが出来ます。この機能は酸素を含んだ
   ミクロの泡を発生させて浴槽に浸かるだけで
   肌の表面を優しく綺麗にすることから女性に
   とても人気です。

④価格を知る。
 最も気になる部分で最も吟味しないといけな
   い部分になります。ですが相場価格は大体決
   まっていて浴室のみの交換で有れば、工事費
   を含めて80万~100万円位です。
 (浴室仕様によって大きく変わります。)浴
   室の窓を交換したり、土間コンを打設したり
   と既存の状況でその他に工事が必要になると
   150万円位になります。
 最終的な金額は選ぶ仕様や既存状況によって
    大きく変わるので業者に見積りを依頼してみ
    てましょう。
  
基本的に知っておきたいこと4つ書きました。
頭の片隅にいれておいて頂けると幸いです
(´∀`)